引っ越しで、お手伝いしてくださった日本人友達をお誘いした夕飯の時、サプライズで、淳夫婦が母の誕生日お祝いもしてくれました。町一番の美味しいアイスクリーム屋さんのケーキです。その日は、母の誕生日でして。ただ淳君が、四捨五入して100才やで一本な。って、いつもまだ50代なのに四捨五入して60才って言うのに、急に100才だよ。

 

話は代わり、自分の誕生祝いなんて、ましてや、ケーキなんて、いつしたか分からないけど、ありがた過ぎて、感激過ぎて、アメリカなので、緊張して、泣くにも泣けず。

 

10469195_10103182566428282_3151873242800064915_n

 

 

その時の写真は、心から嬉しがっている写真です。何枚か同じ写真があって、淳君に、頼むで、母が一番良く撮れているのを、フェイスブックの載せてくりょ。だって、目を開けてる写真はほとんど無いのよ。マリナはどの写真でも美しかったのよ。でも、これが失敗よ。やっぱりマリナ様に、どの写真が良いか、聞いてから載せれば良かったよ〜〜。

 

マリナの気に入った写真にしてくりょ〜〜って、淳君に後で頼んだけど、面倒くせ〜〜って。え〜〜ん。

 

【教訓】

マリナさんの写真を公表する時は、マリナさんの許可を貰ってからせんとダメよ〜ダメダメ。

 

+++++ +++++ +++++ +++++ +++++ +++++

(淳編集後記)



「ダメよ〜ダメダメ」で〆る辺り、恵子さんの本気度が伝わってきます。マリナは変な写真は載っけたがらないので、マリナの写真を使うときは許可は必要です。恵子さんの写真は許可とらんけどな。

 

ちょうど引越しの日が母親の誕生日で、母親が絶賛したアイスクリーム専門店でアイスクリームケーキを注文するところまでは頭が働いたのだけど、年齢が書かれているろうそくを買うところまで気が回らず。50本以上ろうそく立てるわけに行かないし、1本立てる建前で四捨五入って言ったのです。

 

でも100歳というよりは1歳というイメージが近いです。

実際Sashi.Coができてから”だいたい”1年だし、それだけ日々成長してる50代後半を俺は知らん。楽しんでもらえて何よりでした。

 

「家族全員で誕生日を祝う」という、普通の家庭では当たり前のことが、なかなかできない状況がずーっと長く続いていたからね。当たり前のことを当たり前にして、幸せを感じられることが何よりもの幸せなんだと気がついた、尊い時間でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください